読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows PE環境の構築を補助するスクリプト

…とは

複数台のPCにWindowsを展開するときに必要なる仕組みですが、ある程度の診断やデータ復旧に利用できたり、公式のパッケージを導入すればBitLockerをサポートしていたりと何かと便利です。
その環境の構築を補助するといえば大げさではありますが、クリックしていけば起動可能なISOイメージを作成できます。

動作環境

表示の崩れはあるでしょうが、おそらくWindows 8.1以降であれば動作します。
あらかじめ使用したいバージョンのWindows ADKをインストールしてください。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/dn913721.aspxmsdn.microsoft.com
※おそらく動くでしょうが、こちらで動作確認をおこなっているADKは"Windows ADK for Windows 10 バージョン 1511"になります。

使い方

  1. MainScript.ps1を右クリックしてからPowerShellとして実行をクリックします
  2. コピーしたいファイルはスクリプトがあるフォルダーの「Assets\x86」か「Assets\x64」にコピーをしておきます
  3. 「コマンド」タブはあらかじめ選択しておきます
  4. 必要に応じて「稼働させるPCのプラットフォーム」「プロジェクトの保存先」を変更します
  5. 作成して実行をクリックします

イメージ

f:id:morokoshidog:20160321191542p:plainf:id:morokoshidog:20160321191547p:plainf:id:morokoshidog:20160321191550p:plain

使用するには

以下のGitリポジトリからダウンロードしてください。Download Zipから行えます。
github.com

問題点

github.com