プロビジョニングされたUWPアプリのパッケージを削除し、既定のユーザープロファイル読み込み時にインストールされないようにする

Windows 10のアップグレード (1511→1607) によりこの手順で削除したUWPアプリのパッケージが一部復活することを確認しました。 Windows 10, Version 1607よりプロビジョニングパッケージで削除する方法がサポートされましたので、CB、CBBで運用している場合は使用を検討しましょう。 …