読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows RE for Windows 10でWi-Fiに接続できるようにするメモ

Windows RE for Windows 10Wi-Fiに接続できるようにするメモです。

メモ

Windows RE (Windows 10, バージョン1611~)では netsh wlan コマンドが使用できません。古いバージョンのWindowsインストールディスクかWindows REイメージが必要です。

現象

「次のヘルパー DLL を読み込ません: WLANCFG.DLL」と表示されて動作しません。
f:id:morokoshidog:20161218214316p:plain


Wi-Fi書き出し

netsh wlan export profile name="Living-AP" folder="Wi-Fi Settings" key=clear

Windows REイメージをベースにドライバーを追加する

  • windows\system32\recovery\winre.wim をコピーしてマウントする
  • ドライバーを追加する
  • mount\Windows\System32\winpeshl.ini を削除する (オプション)
  • マウントを解除してUSBメモリーかISOにする

Build-BootableWindowsPeスクリプトを実行する

Releases · morokoshi/Build-BootableWindowsPe · GitHub

  1. f:id:morokoshidog:20161218221154p:plain
  2. f:id:morokoshidog:20161218220553p:plain
  3. f:id:morokoshidog:20161218220601p:plain
  4. f:id:morokoshidog:20161218220640p:plain
  5. f:id:morokoshidog:20161218220731p:plain
  6. Driversフォルダーにドライバーをコピーすると自動的に組み込まれますf:id:morokoshidog:20161218220751p:plain
  7. f:id:morokoshidog:20161218220610p:plain

Windows PE上で実行

net start wlansvc
netsh wlan add profile filename="Wi-Fi Settings\Wi-Fi-アクセスポイント名.xml"
netsh wlan set profileparameter name=アクセスポイント名 keymaterial=パスワード
netsh wlan connect name="アクセスポイント名"