読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 8.1で游ゴシックを再インストールする

先日、Windows 8Windows 8.1にアップグレードしたんですけども、先に入っていた Windows Phone SDK に付属でインストールされているフォント、「游ゴシック」がアップグレードされていなかったみたいでした。

このままでは気持ち悪いので、Windows標準の「游ゴシック」に戻してみましょう。

 

修復についての前置き

このページには、データの消失・PCが起動できなくなった場合に修復できる方向けに記載しております。

データの消失・PCが起動できなくなった場合に対処できない方は、お近くのPCに詳しい方か販売店にご相談していただくことをお勧めします。

通常、ほかの同じOSのパソコンがあれば、標準フォントであればほかのパソコンからコピーした方が早いです。

ただ、一般的なご家庭にはパソコンが複数台あるとは限りませんよね。

また、Windows 8, 8.1であれば、ユーザー環境だけ残して、ストアアプリ以外のプログラムをキレイさっぱり消してくれるみたいな機能もありますが、開発環境ということもありますので、トラブルの引き金になりそうなものはやめておきたいところです。

今回はWindws Phone SDKを例にした特殊事情ですが、応用はきくと思いますので書いておきます。

ということで、さっそく修復してみたいと思います。

 

前提条件

Windows 8.1環境があるなら、そのパソコンの%windir%\Fontsフォルダーからコピーできます。

以下のような小難しいことをする必要がありません。

今回は、ほかにWindows 8.1環境のPCがなく、7-ZIPとかをインストールしたりせずなんとかしたいけど、Windows 8.1のインストールディスクがある特殊環境である場合とします。

ちなみに、7-ZIPがあれば下記の作業なんてしなくても、こんな感じで見れます。

Windows 8.1のインストールディスクがなければ、Windows 8.1 Enterprise 評価版のダウンロードからダウンロードできます。

 

修復する

ここでは、既にWindows 8.1を実行しているものとします。

今回、実行ファイルではないので特に環境の確認を行わず上書きなどを行っています。

対象が実行ファイルである場合、更新プログラムによるバージョンの差異などに注意する必要などがあったりしますので、ご留意ください。

  1. ダウンロードしたWindows 8.1 EnterpriseのISOイメージをダブルクリックします。
  2. ISOイメージがマウントされますので、マウントされたISOイメージのドライブレターを確認します。
  3. コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。(スタート画面➔直接「cmd」と入力➔検索結果に「コマンドプロンプト」が出てきたらShift+Enter)
  4. コマンドプロンプトに「md C:\Win8Install\」と入力します。
  5. 「dism /mount-wim /wimfile:ドライブレター:\sources\install.wim /index:1 /mount-dir:C:\win8install /readonly」と入力します。(左記の“ドライブレター”はマウントされたISOイメージおいドライブレターに置き換えてください)
  6. 「C:\Win8Install\Windows\Fonts\」にアクセスして、必要なファイルを別の場所にコピーします。

    f:id:morokoshidog:20151018181622p:plain

  7. 「dism /unmount-wim /mount-dir:C:\win8install /discard」と入力します。
  8. 「C:\win8install\」フォルダーを削除します。
    削除できない場合はPCを再起動し、「dism /cleanup-wim」コマンドを実行すればいいはず。できなければ、再度「7.」のコマンドを実行。
  9. マウントされたISOイメージのドライブを右クリックして取り出しを実行します。
  10. コピーしたファイルを特定のファイルに上書きします。
    今回はフォントファイルなので、右クリックでインストールもできます。

 

フォントはキャッシュがありますので、上書きしたら再起動させましょう。

また、上書き時にアクセス権限が~って言われたら、所有権・アクセス権を調整するか、Windows 回復環境(Windows RE)を起動してコマンドプロンプトから上書きします。

Windows 回復環境は、PC設定の変更➔保守と管理➔回復➔今すぐ再起動で起動できます。※構成によってはできない場合もあります。