読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Officeの初期設定を変更する

メモ Office

Office Personal 2013で新しいOfficeへようこそが消えない場合は、"BootedRTM"の値を追加します。

詳しくは以下のページで。morokoshi.hateblo.jp

PCがドメインに参加している場合・PCのWindowsが Pro, Enterprise, Educationなどである場合

グループポリシーを使用して構成できます。

この場合、クイック実行でインストールしたOfficeも構成できます。

ポリシーの構成について

Office 2013 のグループ ポリシー管理用テンプレート ファイル (ADMX、ADML) および Office カスタマイズ ツール (OCT) ファイル

Office 2010 でグループ ポリシーを使用して設定を適用する

管理用テンプレートのダウンロード

Download Office 2016 Administrative Template files (ADMX/ADML) and Office Customization Tool from Official Microsoft Download Center

Download Office 2013 Administrative Template files (ADMX/ADML) and Office Customization Tool from Official Microsoft Download Center

Download Office 2010 Administrative Template files (ADM, ADMX/ADML) and Office Customization Tool download from Official Microsoft Download Center, http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2472663

管理用のテンプレートをPC、あるいはADサーバー上に配置します。

PCであれば「%WinDir%\PolicyDefinitions\」ですね。

配置後はグループポリシーの管理から設定できます。

 

PCのWindowsがHomeである場合

昔からOfficeのボリュームライセンス版 (Standard, Professional) には、「カスタマイズ ツール」と呼ばれる管理者向けツールが搭載されています。

この場合、クイック実行でインストールしたOfficeは構成できません。(Office 365は構成ツールがあるそうですがあくまで「Office 2013」のため割愛)

 

グループポリシーでの操作

ここではカスタマイズツールでの操作を中心に紹介していますが、同様の操作で設定できます。mspファイルの作成は不要です。

f:id:morokoshidog:20160731133734p:plain

 

カスタマイズ ツールを起動する

Officeカスタマイズ ツールは設定変更をしたいOfficeのインストーラーの引数に、「/admin」を付加して起動するだけです。

f:id:morokoshidog:20151018185020p:plain

f:id:morokoshidog:20151018185112p:plain

すると設定可能な製品の一覧が表示されるので、「OK」すれば起動できます。

Officeの動作に関する設定は、「機能」の「ユーザー設定の変更」にまとめられています。

f:id:morokoshidog:20151018190246p:plain

 

ユーザー初回起動時の「新しいOfficeへようこそ」を消す

f:id:morokoshidog:20151018190238p:plain

初回起動時に Office へのサインインを促す画面が表示されますが、これを非表示にできます。

Microsoft Office 2013\First Run」の項目2つを「有効」にします。

f:id:morokoshidog:20151018190405p:plain

f:id:morokoshidog:20151018190412p:plain

 

「最初に行う設定です。」を消す

f:id:morokoshidog:20151018190627p:plain

初回起動時に Microsoft Update に関する設定が表示されますが、これを非表示にできます。

Microsoft Office 2013\プライバシー\初回起動時に選択ウィザードを表示しない」の項目2つを「有効」にします。

f:id:morokoshidog:20151018190702p:plain

 

Office スタート画面を消す

f:id:morokoshidog:20151018190812p:plain

Office 2013からプログラム起動時にテンプレートが選択できる画面が表示されるようになりました。

これを表示せず、従来のOfficeと同じように起動するには、「Microsoft Office 2013\その他」の「すべての Office アプリケーションの Office スタート画面を無効にする」を「有効」にします。

f:id:morokoshidog:20151018190830p:plain

 

「名前を付けて保存」などの作成者の名前をローカルユーザーの名前にする

f:id:morokoshidog:20151018190905p:plain

Office 2013からは、Officeにサインインしていたり、コンピューターがドメインに参加していると、自動的にそれらのユーザー名を初期値として使うようになりました。

作成者名に個人名を入れたくない場合は、このオプションを有効にして、プロファイルを作ります。

せっかく作りこんだプロファイルを無にしたくない場合は、「Microsoft Office 2013\その他」の「サインインしているユーザーに関係なくローカル ユーザー名と頭文字の値を使用する」を「有効」にします。

f:id:morokoshidog:20151018191044p:plain

  

コンピューターに設定を適用する

ファイルメニューからmspファイルを作成できます。

これは Windows Installer を使った修正ファイルですが、UIは進捗状況しか表示されず、問答無用に設定が適用されるので特にすることはありません。